2018年10月10日

第231回 「やがて君になる」 交わらない輝きとまぶしさの中で見つけたひとつの光

秋アニメがスタートして2週目、第2話が放送されている作品が
いくつか出てきましたね。
今期は特に土曜日に集中していて、おまけに私好みの作品が並行で
放送されているので週末は嬉しい悲鳴です^^

そんな素晴らしい作品の中で今回紹介する作品は「やがて君になる」。

「喰霊-零-」「Fate/Zero」「アルドノア・ゼロ」の監督を手がけた
あおきえい監督ら3名が立ち上げたTROYCA(トロイカ)が放つ
仲谷鳰(なかたに にお)先生の人気コミックのアニメ化。
「桜trick」や「紅殻のパンドラ」、昨年アニメ化された
「citrus」「このはな綺譚」など近年競合している百合作品の中でも
別格のポジションを確立している本作は、厚塗りで彩色されたイラストにも
反映されているとおり世界観のにおいが伝わりそうな独特の雰囲気を持っています。

監督は「Re:CREATORS」で副監督、「櫻子さんの足元には死体が埋まっている」で
監督を務めた加藤誠監督。

シリーズ構成と脚本は「ラブライブ!」シリーズや「STEINS;GATE」シリーズ、
「ノーゲーム・ノーライブ」「宇宙よりも遠い場所」の花田十輝さん。
京都アニメーション作品をはじめとした学園アニメでの豊富な経験もあってか
導入部分からスムーズに流れていく展開のスピーディさは
視聴者を飽きさせず、計算されたヤマで感動させる脚本技は本作でも健在。

キャラクターデザインは「おねがい☆ティーチャー」「おねがい☆ツインズ」
「アマガミSS」シリーズ、「恋と選挙とチョコレート」の合田浩章さん。
OVAからスタートした「ああっ女神さまっ」シリーズでは監督を務め
旧AICを中心に現在も一戦で活躍されているベテランアニメーターです。
続きを読む


posted by ケン・サスガ at 21:37 | Comment(0) | アニメ感想(2018年秋アニメ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月02日

第230回 2018年秋アニメピックアップ作品 その2

いよいよ秋アニメが始まり、「DOUBLE DECKER ダグ&キリル」や
「転生したらスライムだった件」が初回放送から早速話題になり、
いい感じのスタートダッシュになりましたね。

「とある魔術の禁書目録III」や「SAO アリシゼーション」など
人気シリーズの続編が放送される秋アニメのピックアップ作品の第2弾をお伝えします。

まずは「やがて君になる」から。


続きを読む
posted by ケン・サスガ at 22:52 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月22日

第229回 2018年秋アニメ 視聴予定とピックアップ作品

就活でいろいろ動いていて9月の更新がかなり遅れてしまいました;
秋アニメは早い段階から放送時間も決まったアニメが多かったのは
本当に助かっています。
来期のアニメをチェックして、恒例の期待値格付けとリストアップしてみました。

◯超本命枠
色づく世界の明日から
異世界居酒屋〜古都アイテーリアの居酒屋のぶ〜(BS11放映版)
ソードアート・オンライン アリシゼーション
DOBLE DECKERS! ダグ&キリル
やがて君になる

◯本命枠
ソラとウミのアイダ
転生したらスライムだった件
俺が好きなのは妹だけど妹じゃない
閃乱カグラ SHINOVI MASTER -東京妖魔篇-
ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風

◯中堅対抗枠
INGRESS
寄宿学校のジュリエット
ゴブリンスレイヤー
青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない

◯様子見
RELEASE YHE SPYCE
ひもてはうす

◯再放送枠
機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン


秋アニメは夏アニメからの続投がほとんど無くなったものの、
「ゴールデンカムイ」2期や「東京喰種:re」の2期、
そして何といっても「ソードアート・オンライン」の3期である
「ソードアート・オンライン アリシゼーション」や8年ぶりの
シリーズである「とある魔術の禁書目録III」、アニメ化が熱望された
「からくりサーカス」が大注目の作品になりますね!

これらの作品は大手アニメサイトに任せて、
こちら独自の秋アニメのピックアップ作品に移ります。

続きを読む
posted by ケン・サスガ at 22:17 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月28日

第228回 プレイバック「TARI TARI」 江ノ島の夏を歌ったり笑ったりの青春合唱劇

ID:rhg92k

前回の記事から2週間ほど遅れてしまいましたが
「舞台の季節が夏」である作品特集第4弾は「TARI TARI」を紹介いたします。


TARITARI Blu-ray1巻02.jpg



※写真は所持しているBlu-ray1巻のジャケット


※シリーズ紹介記事

シリーズ第1弾


シリーズ第2弾



2012年7月から9月までtvk、KBS京都、TOKYO MXなど一部の地上波や
アニマックスなどで放送された青春合唱劇。
舞台を地方にこだわっているP.A.WORKS制作で、初夏の江ノ島および
鎌倉市が舞台になっており、珍しく関東が舞台なのも制作の幅の広さを垣間見れます。
江ノ電も登場したりと鉄道がお好きな方も楽しめるかと思います。

監督とシリーズ構成は「ソウルイーターノット!」
「ハルチカ 〜ハルタとチカは青春する〜」の橋本昌和監督。
劇場版クレヨンしんちゃん」シリーズも数作手がけており、
作風の幅が広い監督さんです。
また、脚本もほぼ全話手がけており、作品に対する投影度が高いのも
見逃せない点です。

キャラクターデザインは「true tears」「花咲くいろは」「SHIROBAKO」
「サクラクエスト」とP.A.WORKS作品でおなじみの関口可奈味さん。


続きを読む
posted by ケン・サスガ at 22:41 | Comment(0) | アニメプレイバック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月13日

第227回 プレイバック「あの夏で待ってる」 5人の少年少女の、長野県のひと夏を駆ける物語

「舞台の季節が夏」である作品特集第3弾は「あの夏で待ってる」を紹介いたします。



※写真は所持しているBlu-ray1巻のジャケット


2012年1月からテレビ愛知など一部の独立局の地上波とAT-X、TOKYO MX、
BS11などで放送され、「おねがい☆ティーチャー」「おねがい☆ツインズ」など
「おねがい」シリーズでコンビを組んだスタジオ・オルフェ所属の黒田洋介さんと
羽音たらくさんが参加。
版権上の絡みか(「おねがい」シリーズを手掛けた制作チーム「Please!」が
既に解散した為だと思われる)「おねがい」シリーズの正当なシリーズでは
出せないなどの制約はあるものの、インスパイアするかたちでそれに準ずる設定を
制作会社を移したかたちで実現させました。


※参考記事

第225回 プレイバック「おねがい☆ティーチャー」ぜひ夏に観たい聖地巡礼を定着化させたターニングポイントアニメ


第226回 プレイバック「おねがい☆ツインズ」長野県の夏を駆けめぐる、家族の肖像



監督は「アイドルマスター XENOGLOOSIA」「とある科学の超電磁砲」
「あの日見た花の名前は僕達はまだ知らない。」
「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」の長井龍雪(ながい たつゆき)監督。

脚本は「おねがい」シリーズや「機動戦士ガンダム00」
「ガンダムビルドファイターズ」など数多くのタイトルのシリーズ構成と脚本を手がけた
スーパークリエイターの黒田洋介さん。

キャラクターデザイン原案は「おねがい」シリーズ」の羽音(うおん)たらくさん。
黒田洋介さんとのコンビは「おねがい☆ツインズ」以来になります。

キャラクターデザインは「とらドラ!」「あの日見た花の名前は僕達はまだ知らない。」
「心が叫びたがってるんだ。」「君の名は。」の田中将賀(たなか まさよし)さん。
「あの花」「君の名は。」のヒットで大きく注目されているアニメーターで、
脚本家の岡田麿里さんや長井龍雪監督と組むことが多いですね。

制作は「スレイヤーズ」「灼眼のシャナ」「とある科学の超電磁砲」
「探偵オペラ ミルキィホームズ」など数多くの名作を生み出した
タツノコプロ系のJ.C.STAFF。


続きを読む
posted by ケン・サスガ at 22:36 | Comment(0) | アニメプレイバック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スポンサーリンク