2018年02月04日

第212回 「刀使ノ巫女」突如始まる逃避行とレジスタンスの刀アクションアニメ

2018年冬アニメ第2作品目は「刀使ノ巫女」。
「咲 -Saki-(阿知賀編以降)」「きんいろモザイク」や「結城友奈は勇者である」の
元請けを行ったGONZO系の制作会社・Studio 五組制作のオリジナル作品。
コミカライズの他に春からスクウェア・エニックスから配信されるソーシャルゲームとの
メディアミックスが展開されています。

各地に出現する妖怪の類である荒魂(あらだま)に対抗出来る
特別祭祀機動隊・刀使「とじ」として折神家主催の剣術大会へ参加した
衛藤可奈美と柳瀬舞衣。
可奈美が準決勝での対戦した十条姫和(じゅうじょうひより)の行動により、
大きくストーリーが’動き、逃避行劇がはじまっていく…

女子高生と刀の組み合わせで「閃乱カグラ」のテイストを感じる方も
多いかと思いますが、どちらかと言えば「舞-HiME」の立ち位置が近いと感じました。
現段階の舞台である折神家が荒魂のもとになるノロを管理し、荒魂はノロの集合体。
ここで「おおっ、舞-HiMEじゃん!」と思って歓喜した人がここにいますw

第2話で「御刀が刀使を選ぶ」という説明が初めて出てきて、
選ばれた刀使を「適合者」と呼ぶ事もわかって、第1話でも登場したSシステムという
オプションアーマーは「戦姫絶唱シンフォギア」を彷彿して、「舞-HiME」と
「シンフォギア」の融合テイストにも感じます。
続きを読む
posted by ケン・サスガ at 17:51 | Comment(0) | アニメ感想(2018年冬アニメ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月10日

第211回 「宇宙よりも遠い場所」 南極大陸をめざす現在(いま)を駆け抜ける少女の青春物語

2013年1月からスタートした当ブログも今年で6年目に突入、途中休止を挟みながら
今回で211回目を数える事が出来ました。
クールの始まりには記事が集中するものの、後半になってくるとネタが乏しく
なってくるのが弱点ではありますが、去年以上に記事をアップする事を目標に
やっていこうと思います。
今年もよろしくお願いしますm(_ _)m

それでは今年最初のアニメブログは「宇宙よりも遠い場所」から。
虫プロ系制作会社であるマッドハウス制作のオリジナルアニメで、
「ラブライブ! サンシャイン!!」の花田十輝さんがシリーズ構成と脚本を手がける意欲作。 
今期は「カードキャプターさくら クリアカード編」「オーバーロードII」も制作されて
マッドハウスさんの作品はどれも注目ばかりです。

高校2年生の玉木マリが高校に進学して出来なかった「青春」しようと
日常に変化をつけようとした最中で駅で100万円が入った封筒を拾った事で、
小さな出来事がだんだんスケールが大きくなくことに…!

高校2年になったのに目標にしていた日記を1つも書いていない、学校をサボってない、
あてのない旅もしていない、そして部屋の片付けも満足に出来ずに過ごす主人公のマリは
意思が低く、雨を理由に結局をサボらずに結局学校に戻ってしまうくらい…
続きを読む
posted by ケン・サスガ at 22:16 | Comment(0) | アニメ感想(2018年冬アニメ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする