2013年10月06日

第76回 戦姫絶唱シンフォギアG EPISODE 13「遥か彼方、星が音楽となった…かの日 」

絵コンテ・演出:安田賢司
作画監督:池下博紀、今西亨
大河原晴男、後藤麻梨子
酒井智史、式地幸喜
塩川貴史、舘崎大
畑智司、前澤弘美
森悦史、渡部貴善
下條祐未、齋藤温子
今牧千世、普津澤時ヱ門



「ガングニールに適合…だと…!?」

融合症例者が適合者へとなった瞬間を目の当たりにした
マリアとウェル博士。
特に博士は階段から滑り落ちるくらいの衝撃だったみたい。
床に穴を開けて、弦十郎司令と緒川さんが
駆けつけた時にはすでに穴から脱走。
目前で逃げられてしまう。


「響さん、そのシンフォギアは!?」


「マリアさんのガングニールが
 私の歌に答えてくれたんです」

緒川さんが響に呼びかけた頃、フロンティアが更に上昇。
ウェル博士が逃げながら左腕で制御していた。

「フォロンティアの動力源はネフィリムの心臓。
 これを止められればウェルの暴挙も止められる。
 
 お願い… 戦う資格を無くした私の代わりに
 お願い…」


「調ちゃんにも頼まれてるんだ。 
 マリアさんを助けてって。
 だから心配しないで。」


響がそう答えると、司令は床に穴を空けて
緒川さんと共にウェル博士を追跡へ。

響は翼、クリスと合流、ネフィリムの心臓を止める為に
動力源へ向かうが、ウェル博士の放ったネフィリムをぶつける!!
続きを読む
ラベル:シンフォギアg
posted by ケン・サスガ at 11:01 | Comment(0) | TrackBack(1) | アニメ感想(2013年夏アニメ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月04日

第75回 戦絶唱シンフォギアG EPISODE 12「激槍」

絵コンテ:宮浦栗生
演出:岩田義彦
作画監督:河野絵美、下條祐未
福永純一、高橋優也
齋藤温子、小原和夫
普津澤時ヱ門、吉田巧介
渡部貴善、内田孝
塩川貴史
式地幸喜(アクション)


「雪音、何を求めて手を伸ばしている!」


「あたしの十字架を誰かに背負わすわけにはいかねぇだろ!」


フロンティアが浮上した中で交える翼とクリス。
クリスの首には黒い首輪がはめられ、何かチカチカと光っている。
首輪に気付いた翼だが、銃弾の圧力で弾かれてしまった。

その一方で切歌が調にフィーネの魂が宿っている事をついに話す。
しかし、動じない調は切歌を止める為に刃を向ける…!

緊急Φ式 双月カルマと封伐・PィNo奇ぉがぶつかり合う中で
マリアがフロンティア内部から全世界へ中継を流していく。
F.I.S.が月の落下を隠蔽してきた事を公にして
目の前でギアを装着する…!!
偽りの中で動いてきたマリアの支持が得られるのは難しい。
それでも全世界のみんなに歌の力で月の軌道を
変えて欲しいと訴えかける。

マリアが烈槍・ガングニールを歌っていくと
歌の力である赤いオーラが纏い始めてきた。
続きを読む
ラベル:シンフォギアg
posted by ケン・サスガ at 23:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ感想(2013年夏アニメ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月27日

第74回 戦姫絶唱シンフォギアG EPISODE 11 「ディスティニーアーク」

絵コンテ:若林あつし
演出:石川俊介、近藤一英
作画監督:木真理子、武内啓
柳孝和、しんぼたくろう、
塩川貴史、畑智司、渡部貴善
式地幸喜(アクション)
大河広行(メカニック)


「お願い、みんなを止めて…」

手錠を掛けられ、聖遺物のペンダントを預かられた
緒川さんに声をかける調。
クリスが翼を撃ったように、すでに仲間同士が
戦う事になってしまった現状。そしてこれからも…

浮上したフロンティアに米軍の艦隊が向かっている中で
仮設本部もフロンティアへ向けて発進する。

救い出された響と未来が翼を交えて対面。
響のガングニールの侵食が神獣鏡のビームによって
除去された事を伝えると嬉しさの反面、これから響が戦えない
不安も募って複雑な心境を見せる。

「そういえば、クリスは…?」


そのクリスは目の前で翼を撃った事で切歌を説得させて
ウェル博士達と共にフロンティア内部へ。
ジェネレータールームへ到着すると、
ウェル博士はネフィリムの覚醒心臓を取り付け
エネルギーを充填、マリアと共にブリッジへ向かった先で
ウェル博士は左腕にLiNKERを投与!
ネフィリムの細胞サンプルを混入させただけあって
左腕が獣場に変形してしまう!


「どーーっこいしょーーーーー!!」


フロンティアから放つ光が空を貫き、
何と月を掴んでしまった!!
続きを読む
posted by ケン・サスガ at 00:21 | Comment(0) | TrackBack(1) | アニメ感想(2013年夏アニメ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月15日

第71回 戦姫絶唱シンフォギアG EPISODE 10「喪失までのカウントダウン」

絵コンテ:稲江仁
演出:いわもとやすお
作画監督:下條祐未、高橋優也
中山初絵、普津澤時ヱ門
畑智司、渡部貴善
式地幸喜(アクション)
大河広行(メカニック)


ウェル博士により神獣鏡をギアとして組み込まれた未来。
前回のラストでずば抜けたインパクトで登場し、
圧倒的な強さで更にインパクトを与えます。

封印解除に不可欠ながらも人の心を惑わす力がある神獣鏡は
自我を崩壊させる可能性がある危険なもの。


「使うべくして使ったまでです」


自分の利益しか見えないウェル博士には問答無用だった。
私立リディアン音楽院は適合者候補生を集めた施設。
LiNKERによって無理矢理に適合者として送り出された
未来の姿に驚愕する翼とクリス。


「小日向!」


「なんでこんなカッコしてるんだよ!」



ついにバイザーが閉じた未来は
翼たちに向かって突進してくる!


「こういうのはあたしの仕事だ!」


羽交い締めにした調をほどき、翼の前へ飛び込んだ
クリスがQUEEN's INFERNDで先手!
ホバーできれいに回避しながら空母を降りて水上へ逃げる。

逃がさないクリスは空中からのBILLION MAIDENで
未来にダメージを与えてこちらのリードに。


「脳へのダイレクトフィードバックによって
 己の意志に関係なくプログラムされたバトルパターンを実行!」

もうこの時点で未来が戦わざるを得なくなり
自我が崩壊しかかっている事がわかります。



「それでも偽りの意志では装者達には届かない」
 

ナスターシャは神獣鏡を使用しているものの
これでは勝てないと先を見えていたのだろう。
しかし、ウェル博士の企みはこれだけではなさそう。
続きを読む
ラベル:シンフォギアg
posted by ケン・サスガ at 22:15 | Comment(0) | TrackBack(1) | アニメ感想(2013年夏アニメ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月04日

第67回 戦姫絶唱シンフォギアG EPISODE 9「英雄故事」

絵コンテ:田所修
演出:石川俊介
作画監督:後藤麻梨子、塩川貴史
式地幸喜、柴田健児
畑智司、森悦史、渡部貴善

未来が手を離し、落下しながらギアを纏う響。


「今から迎えに行くから!」


スカイタワーが爆発し、未来が巻き込まれてしまった!!
2度も起こった爆発で安否が絶望だと思った響は
纏ったギアを解除し肩から崩れ落ちて泣いてしまう…

無防備の中で上空から襲ってくるノイズに
翼とクリスが間一髪で間に合った!


「目障りだあああああああああああ!!!」


MEGA DEATH PARTYで一斉にドリル型のノイズを殲滅。


「少しずつ何かが狂ってる、壊れていきやがる
 あたしの場所を蝕んでやがる…」


BILLON MAIDENからのMEGA DEATH FUGAと
トドメは大型ミサイルで爆撃機タイプを2機殲滅して
何とか全てのノイズを殲滅する事が出来た。
しかし、まだクリスの心の中ではソロモンの杖を
起動させた事による後悔が残っていた…


「絶対離しちゃいけなかったんだ。
 未来と繋いだこの手は…」

続きを読む
ラベル:シンフォギアg
posted by ケン・サスガ at 23:33 | Comment(0) | TrackBack(1) | アニメ感想(2013年夏アニメ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする