2020年04月06日

【プレイバック】第251回「魔法科高校の劣等生」

2020年7月から第2期「来訪者編」がスタート、
現在、TOKYO MXをはじめBS11などで
再放送が放映されている「魔法科高校の劣等生」。

すでに「九校戦編」および第1期の折り返しに入って
盛り上がりを見せています。

今回は「プレイバック」で「魔法科高校の劣等生」をご紹介していきます。



概要


電撃文庫にて刊行中の佐島勤さん原作の人気ライトノベルで
2014年4月に第1期がアニメ化。

「入学編」「九校戦編」「横浜騒乱編」を刊行順に
シリーズ構成に組み込まれ、「追憶編」を第1話などに挿入するなど
原作ファンを満足させる完成度と、
「さすがはお兄様」といったヒロインの司波深雪のセリフが
アニメ流行語大賞に入賞したりと放映当時は結構話題になっていました。




監督・キャラクターデザイン・メカニックデザイン・制作会社



監督


2020年4月現在放映中の「新サクラ大戦 The Animation」をはじめ
「咲」シリーズ、「境界線上のホライゾン」シリーズ
「ソードアートオンライン アリシゼーション」で
監督を務めた小野学監督。

クール中に2つ監督の掛け持ちをされるケースが多く、
お互いの作品の完成度を一切落としていないどころか
どちらの作品もクオリティが高く、評判が高い名監督です。



キャラクターデザイン、メカニックデザイン



原作でキャラクターデザインを担当され、
「わかば*ガール」「アクエリオンEVOL」で
キャラクターデザインを担当した石田可奈さん。

原作とアニメのキャラクターデザインが
同一アニメーターという珍しいパターンで
後述のジミー・ストーンさんと同じ作品に参加することが多いですね。



メカニックデザインは「グランベルム プリンセプスのふたり」で
SDメカを担当したジミー・ストーンさん。

原作でもメカニックとCADのデザインも担当され、
「機動戦士ガンダムSEED DESTINY」や
「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」などで
原画・作画監督を担当され、以前からご存知の方も多いかも。




制作会社



「カードキャプターさくら」「ノーゲーム・ノーライフ」
「オーバーロード」「宇宙よりも遠い場所」のマッドハウス。

近年では「ノーゲーム・ノーライフ」や「オーバーロード」
「宇宙よりも遠い場所」は2010年代のアニメ史に
残るほどの完成度と称されました。

また、タツノコプロ系の制作会社で、大元の親会社は日本テレビになります。



みどころ


感情を無くしてしまった主人公の司波達也とドン引きするほどの
ブラコンの妹・司波深雪のコンビは同人誌などで
人気のカップリングとなり、アニメ放送当初から人気になりました。

また、「入学編」では忍術による運動能力を前面に
魔法能力はまだ抑えていましたが

「九校戦編」では達也のチート能力が爆発!


「引き金を引くだけで円盤をパーフェクトで破壊」


「開幕での目くらましでライバルを落下させる」


「おまけに現代魔法では不可能だった空が飛べる(!!!)」


チートとトンチを両方冴えているところが
達也の愛嬌になっているのがおもしろいところです。




主な配信先



サブスクリプションなど配信先はこちらになります。




posted by ケン・サスガ at 15:54 | Comment(0) | アニメプレイバック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: