2018年12月26日

第235回 2019年冬アニメ オススメ&ピックアップ作品

気が付いたらクリスマスが過ぎてしまい、そろそろ仕事納め。
秋も転職関連で動いていましたが、短期を繋ぐ事で何とか年度末までは持ちそうです。
仕事もあって生活の為のリアルコストも確保出来てホッとしています^^;
来期の情報がほぼ情報が集まり、放送時間が次々と出揃いましたので
情報を整理しながら個人的オススメ作品をランク付けしてみました。

◯超本命枠
・賭ケグルイxx
・ドメスティックな彼女
・revisions

◯本命枠
・みにとじ
・五等分の花嫁
・盾の勇者の成り上がり

◯中堅対抗枠
・BanGDream! 2nd season
・ぱすてるメモリーズ
・私に天使が舞い降りた!
・W’z《ウィズ》

◯様子見
・ケムリクサ
・ぱすてるメモリーズ
・かぐや様は告らせたい〜天才たちの恋愛頭脳戦〜
・けものフレンズ2

◯前期からの続投
・ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風
・機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン
・機動戦士ガンダムUC RE:0096
・ソードアート・オンライン アリシゼーション


来期はライトノベル枠がやや少なくなり、代わりに少年・青年誌連載マンガ原作の
作品が増えてきた印象がありますね。
Netflixでの先行放送の谷口悟朗監督作品の「revisions」やANIMAXをキー局である
「聖闘士星矢 セインティア翔」などオンラインでの先行放送をウリにした
作品も増え始めています。
それでは独自の冬アニメピックアップ作品に移ります。
まずは「ドメスティックな彼女」から。

週刊少年マガジンにて連載中の流石 景先生原作の人気マンガで、
Twitterの口コミなどから徐々に人気が出始めて、現在ではイベント販促グッズが
軒並み完売するなど1つのムーブメントに。

小説家を目指す高校生・藤井 夏生(ふじい なつお)は同じ赤森高校の
英語教師・橘 陽菜(たちばな ひな)に絶賛片思い中。
そんな中、他校との合コンで知り合ったヒロインの橘 瑠衣(たちばな るい)と
肉体関係を持ってしまうことに。

やがて父の再婚の話が進み、夏生が住んでいる団地へ相手の方が
娘を連れてご挨拶へやってきたのだが、目の前に現れたのはなんと瑠衣と陽菜だった…!

感情をなかなか見せない瑠衣に、美人で清純でおちゃめな姿を見せながらも
色々と訳ありな部分が見え隠れする陽菜。
義理の姉妹となった2人に囲まれた生活を共にしながら
多方向から複雑に絡み合った恋愛模様が展開していく…

制作は「艦隊これくしょん 艦これ」「ガーリッシュナンバー」
「BEATLESS」のディオメディア。
監督は同じくディオメディアを中心に活動されているの井畑 翔太監督。
「ガーリッシュナンバー」で初監督後は「アクションヒロイン チアフルーツ」
「BEATLESS」などディオメディアを中心に活動されています。

シリーズ構成は橋龍也さん。
「紅殻のパンドラ」「エロマンガ先生」「BEATLESS」のシリーズ構成を手がけ、
同じくシリーズ構成を担当し、原作にも参加している「刀使ノ巫女」で大ヒットして
最も注目を浴びている脚本家の一人です。
起伏のある飽きさせない展開が持ち味である橋龍也さんの持ち味が
十二分に活かせる最も適した作品になります。

キャラクターデザインは「悪魔のリドル」「艦隊これくしょん 艦これ」
「アクションヒロインチアフルーツ」の井出直美さん。
「侵略!イカ娘」以降、ディオメディアを中心に活動されているアニメーターです。
私も原作を購入していますので、アニメ化に伴っての再現度や変更された
演出の違いなどをじっくりと楽しんでいきたいですね。


続いては「revisions」。

「+Ultra」枠第2段となる本作は「コードギアス反逆のルルーシュ」や
「ガンxソード」などを手がけたヒットメーカーの谷口悟朗監督が手掛ける
SFパニックアニメーション。

現代の渋谷が300年以上先にタイムトラベルしてしまう「渋谷漂流」に巻き込まれ、
主人公の堂嶋 大介(どうじま だいすけ)たち聖昭学園の生徒たちの前に
「リヴィジョンズ」と呼ばれる組織が襲来。
絶体絶命の危機の前に未来人であるミロが介入し、変わり果てた未来を共に
生存・変革すべく共に行動することになり、「リヴィジョンズ」に対抗していく…

荒廃した未来の中に現代の未来が共存するスタイルは谷口悟朗監督の
「スクライド」におけるロストグラウンドや「コードギアス 反逆のルルーシュ」に
おけるイレブンが居住するゲットーに通づるものがあり、まさに得意分野ともいえます。
また、取り残された集団の中での選択肢を求められるスタイルは
「無限のリヴァイアス」を彷彿とさせ、谷口監督の集大成ともいえる作品に
なりそうです。

シリーズ構成・脚本は「PSYCHO-PASS」シリーズの深見真さんと
「ドルアーガの塔 〜the Sowrd of URUK〜」でプロデューサーを
担当した橋本太知さん。
深見さんはガンアクションやサイバードラマが得意なだけでなく、
「ゆるゆり なちゅやすみ!+」や「ゆるゆり さん☆ハイ!」など萌え・美少女ものにも
精通しており、同じく冬アニメの「魔法少女特殊戦あすか」でもシリーズ構成を
手がけているなど近年ジャンルを拡大していく活躍ぶりを見守りたい
脚本家のひとりです。

キャラクターデザイン原案は「今日の5の2」や
「Wake Up Girls!」シリーズの近岡 直さん。
「ソードアート・オンライン」シリーズのキャラクターデザインを
手掛ける売れっ子クリエイター・足立慎吾さんからも厚い信頼を得られているなど
人望も厚いといわれています。

メカデザインは参加スタッフが豪華で熱狂的なファンが多い
「えとたま」を手がけた新井陽平さん。
今回はメカデザインが初めてということで、「えとたま」とは
真逆のジャンルであることから新井さんのクリエイターとしての
幅をどれだけ見れるかも楽しみのひとつになりますね。

2019年1月9日のフジテレビの放送の初回放送後、翌日10日はNetflixで
日本先行で全話一挙配信がスタート。
「INGRESS THE ANIMATION」同様、BSフジでも放送が予定されていますので
BS視聴の方にも助かりますね。
Netflixで視聴して、BSフジでは毎週録画予約をしていく方法もいかもしれません。


posted by ケン・サスガ at 21:27 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: