2018年09月22日

第229回 2018年秋アニメ 視聴予定とピックアップ作品

就活でいろいろ動いていて9月の更新がかなり遅れてしまいました;
秋アニメは早い段階から放送時間も決まったアニメが多かったのは
本当に助かっています。
来期のアニメをチェックして、恒例の期待値格付けとリストアップしてみました。

◯超本命枠
色づく世界の明日から
異世界居酒屋〜古都アイテーリアの居酒屋のぶ〜(BS11放映版)
ソードアート・オンライン アリシゼーション
DOBLE DECKERS! ダグ&キリル
やがて君になる

◯本命枠
ソラとウミのアイダ
転生したらスライムだった件
俺が好きなのは妹だけど妹じゃない
閃乱カグラ SHINOVI MASTER -東京妖魔篇-
ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風

◯中堅対抗枠
INGRESS
寄宿学校のジュリエット
ゴブリンスレイヤー
青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない

◯様子見
RELEASE YHE SPYCE
ひもてはうす

◯再放送枠
機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン


秋アニメは夏アニメからの続投がほとんど無くなったものの、
「ゴールデンカムイ」2期や「東京喰種:re」の2期、
そして何といっても「ソードアート・オンライン」の3期である
「ソードアート・オンライン アリシゼーション」や8年ぶりの
シリーズである「とある魔術の禁書目録III」、アニメ化が熱望された
「からくりサーカス」が大注目の作品になりますね!

これらの作品は大手アニメサイトに任せて、
こちら独自の秋アニメのピックアップ作品に移ります。

まずは「色づく世界の明日から」から。

数十年後の長崎県を舞台にした魔法が混ざり合う世界。
主人公の月白瞳美は魔法使いの一族の末裔だが、幼少の頃から色覚喪失に遭った少女。
色覚と感情を取り戻すべく、祖母であり大魔法使いである琥珀が2018年の世界へ
送り出すが、何とそこは琥珀の高校時代の世界だった…!
若い頃の琥珀と未来からタイムトラベルした瞳美が邂逅し、
高校生活の青春群像劇がはじまる。

「戦う司書」「RDG レッドデータガール」「凪のあすから」で監督を手掛けた
篠原俊哉監督が指揮を執り、「凪のあすから」をリスペクトしているを匂わせているのも
非常に趣深い点で、世界観の空気が画面越しで伝わりそうな雰囲気を出しています。

脚本は「機巧少女は傷つかない」「月がきれい」「アイカツフレンズ!」
「あそびあそばせ」の柿原裕子さん。
現在勢いのある脚本家で、シリーズ構成も兼ねていることも多く、特に今年は
各シーズンにシリーズ構成を担当しているアニメが名を連ねている実力派。
「月がきれい」では見事な中学生の青春群像劇を描いていますので、
もし未見でしたら1話だけでも視聴していただけたら幸いです。



キャラクターデザインはP.A.WORKSを支えている原画家である秋山有希さん。
本作で初のキャラクターデザインとなり、「天狼 Sirius the Jaeger」同様に
P.A.WORKSが後継の育成に力を入れていることが伺えます。
また、EDテーマを担当するのがやなぎなぎさんと、
「凪のあすから」のファンが歓喜するのは間違いなし!
本編中の終わりから流し込み(本編中にEDテーマが流れてそのままEDカットへ
フェードする効果。「シティー・ハンター」で有名になった)で使われることで
効果的に余韻に浸れそう。


続いては「DOUBLE DECKER! ダグ&キリル」。

続編が待たれる「TIGER & BUNNY」の「バディシリーズ」としてカウントされた
本作は警察組織に所属している刑事バディの物語。
経験豊富な刑事だが掴みどころがないのダグ・ビリンガムと、
赴任してきたやる気が空回りしてばかりの新米刑事のキリルヴルーベリの2人が
タッグを組み、犯罪と薬物捜査を捜査していくが…!?

公式サイトのトップページでは3組のバディが組まれており、
「TIGER & BUNNY」のようなエリートと凸凹コンビが対比されながらも
同じ目的のために切磋琢磨していくテイストが伝わり、お互いの欠点を
どう埋め合っていくのか非常に心待ちにしています。

監督は「TIGER & BUNNY」にも参加し、「マンガ家さんとアシスタントさんと」
「うたのプリンセスさまっ♩マジLOVEレジェンドスター」
「七つの大罪 戒めの復活」で監督を手掛けた古田丈司監督。
サンライズ出身で、参加作品も多く、「ケロロ軍曹」「犬夜叉 完結編」
「機動戦士ガンダムAGE」「ラブライブ!サンシャイン!!(1期)」などに参加して
今作で初めてサンライズ作品の監督を手がけることになります。

メインキャラクターデザインは「TIGER & BUNNY」と同じく桂正和先生が担当し、
アメコミチックなプロポーションがハッキリとしたデザインが動く姿を
再び観れるのは本当に嬉しいですね。

シリーズ構成・脚本は「TIGER & BUNNY」で西田征史さんと
共同で参加した鈴木智尋さん。
西田征史さんが本業の実写で多忙になっているのもあってか、
鈴木智尋さんが単独参加になっていると推測されます。
「ワンパンマン」「ACCA13区監査課」とアニメ作品でも着実に
キャリアを積まれており、実写・アニメ共に注目されている脚本家です。

今回は放送までが早いこちらの2作品をピックアップしてみました。
秋アニメはあと2回ほどピックアップ記事を書けるようにしたいです。
posted by ケン・サスガ at 22:17 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: