2018年07月16日

第222回 「天狼 Sirius the Jaeger」絶妙な時代設定が魅せる今期最高のアクション時代劇

夏アニメがようやく全てのアニメで放送され、既に第3話が放送されている
アニメもいくつか出始めていますね。
「ISLAND」「七星のスバル」に続いて、夏アニメ3作目は
「天狼 Sirius the Jaeger」をご紹介いたします。
昭和初期の帝都・東京を舞台にしたJAEGER<狩人>と
ヴァンパイアとのアクションバトルストーリー。
故郷を滅ぼされた人狼と人間のハーフである主人公のユーリィの
復讐劇でもあり、「天狼の匣(シリウスのはこ)」を巡る種族間抗争劇。

監督は「CANNAN」「花咲くいろは」「絶園のテンペスト」の安藤真裕監督。
P.A.WORKSと所縁のある監督で、アクションを得意とし、
ロボットアニメの原画もこなすほど。
「絶園のテンペスト」では現代とファンタジーを混合した推理アクションで、
比較的コンセプトも共通点があり、序盤の滝川 吉野を助けた不破 真宏と
エヴァンジェリン山本とのバトルでは真宏の魔法を駆使した加速による踏み込みと
三角飛び、アンジェの射撃による反動や荒くも丁寧な受け身の描写や
ゼロ距離射撃のカットや発射前後のタイミングなど流れるようなアクションは
改めて観ても驚きの連続です。

キャラクターデザイン原案は元カプコン所属の西村キヌさん。
アニメ作品では「OVERMAN キングゲイナー」で同カプコン所属(現在はフリー)で
先輩である安田朗さんと社外で製作に関わるなどゲーム会社時代から
ゲームの枠を超えた活躍は当時ではとても偉業でした。

キャラクターデザインは「プリティーリズム・レインボーライブ」
「KING OF PRISM」シリーズの松浦麻衣さんに加え、
「GO! GO! 575」「MAGI シンドバッドの冒険」の佐古宗一郎さんの二人体制。
佐古さんは「絶園のテンペスト」でも数話作画監督をされ、
安藤監督との繋がりがあります。

シリーズ構成は「レガリア The Three Sacred Stars」
「GO! GO! 575」の小柳啓伍さん。
「メイドインアビス」では脚本の半数を手がけ、「true tears」「 CANNAN」
「花咲くいろは」などP.A.WORKSとも所縁があり、
安藤監督とは「絶園のテンペスト」でも脚本を4話分担当され、
第十話の「タイムマシンのつくりかた」では前半の核心にも関わる
推理と検証に迫った名エピソード。
リアルタイムで視聴した時は左門とのとんち作戦に動きが見え
「おおおおっ!」と唸りましたね。

制作は「CANNAN」「花咲くいろは」「クロムクロ」「ウマ娘 プリティーダービー」のP.A.WORKS。
前クールの「ウマ娘 プリティーダービー」ではスポ根アニメとしても非常に好評で、
間髪入れずバトルアクションのアニメである本作を投入し、ジャンルの豊富さや
作画が常に安定しているスタジオの体力(しかも放送を順延させない)は
ビッグタイトルを手がける大手でも難しいだけに、安心して視聴出来る
強みがある制作会社です。

司令官であるウィラード率いる狩人のメンバーはヨーロッパや
アメリカなどから集められ、自由奔放で三節棍を駆使して戦う
主人公のユーリィをはじめ、ウィラードの片腕である
ヒスパニック系の銃使い・ドロテア、バイオリンを奏でるのが趣味でかつ
武器でもあるイタリア系のフィリップ、格闘メインのアイルランド系アメリカ人である
ファロンの5人。

潜入捜査も真っ先に突っ込んでしまう突貫型でありながら
園芸にも詳しい一面を持つユーリィに対し、ユーリィのツッコミ役でありながら
美しいバイオリンの音色とは裏腹に皮肉屋のフィリップ、
筋肉に似合わず顔がむくれたりするお茶目なファロンに
ウィラードの片腕だけあって冷静かつグサリと刺してくるセリフで
ファロンにツッコミを入れるドロテアなど、正反対同士の性格が居ながらも
ファロンがムードメーカー役になったりと組み合わせで和合するのは
関係性も把握出来、かつ小集団としては飽きなくて楽しめます。

一方、ウィラードたち狩人が追うカーシュナー率いるヴァンパイアは
服役した重罪人を脱走・捕獲させながら暗躍パーティーで血液を回収し、
日本に上陸してからはウィラードが席を置くことになったV海運や
陸軍も頭を痛めているほど巧妙で残忍な手口で怪奇事件を
女性ヴァンパイアのアガサを中心に次々と起こしていき、
上海から日本へ舞台を変えた狩人たちと対峙する。

人狼とのハーフであるユーリィの復讐は叶うのか。
また、人狼とのハーフである所以が本編でも語られ、物語の核心となるキーとなるか。
陸軍が第三勢力となるか、いろんな想像を掻き立てる本作を最後まで追いかけていきたいです。


※配信サイトは現在はNetflixのみで、7/20(金)に配信スタート(1・2話)
以後、毎週金曜日更新(公式サイトアナウンスより)
posted by ケン・サスガ at 21:50| Comment(0) | アニメ感想(2018年夏アニメ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: