2017年11月14日

第208回 「キノの旅 -the Beautiful World- the Animated Series」旅を通して見える美しい世界と不条理な世界

前回から1ヶ月ほど間が空きましたが、秋アニメ2本目は「キノの旅 -the Beautiful World- the Animated Series(以下「キノの旅」)」。 時雨沢恵一先生原作の17年続く 長寿ライトノベルで、電撃文庫25周年プロジェクトの一環として 制作会社とスタッフ、キャストが一新され、今回の再アニメ化が実現。 「キノの旅」の再アニメが始まる直前には時雨沢恵一先生が執筆している ソードアート・オンラインのスピンオフ作品「ソードアート・オンライン オルタナティブ ガンゲイル・オンライン」(以下「ガンゲイル・オンライン」)も アニメ化が決定し、話題が尽きません。 キャラクターデザイン原案の黒星紅白さんは「サモンナイト」シリーズ(別名義) の他に近年では「ポッピンQ」、前クールで話題になった「プリンセス・プリンシパル」 キャラクター原案を手がけ、「キノの旅」以外で見かけた方もいらっしゃると思います「ガンゲイル・オンライン」でも小説版の挿絵を担当され、アニメ化された際は 黒星キャラがどれだけ動くか楽しみにされているファンも多いでしょうね。 「キノの旅」本放送前にも題材的な広告も展開され、各都道府県のJRホーム 観光名所と キノ&エルメスの2ショットが描かれたポスターが貼られていて、 Twitterなどで盛り上がりました。 私も偶然にポスターを見かけてTwitterで投稿いたしましたが、 反応も良くて キノの旅の人気と再アニメ化の期待を伺えました。 こちらは私がツイートした際に貼ったスクリーンショット。 地元熊本ではキノとエルメスが「大地の国」である熊本へ足を運んだ 設定になっています。


IMG_2190.jpg
制作会社は「このはな綺譚」と同じくLarche(ラルケ)で美しいと背景と 作品から伝わる舞台の空気が伝わり、OP&EDを担当されているやなぎなぎさんの 歌声が相乗効果を出しています。 監督は「ペルソナ4ザ・ゴールデン」「双星の陰陽師」の田口智久監督。 AIC出身の演出家で、現在はA1-Picturesを中心に活動されています。 ペルソナアニメ界では(ネタ的に)大いに盛り上がった監督さんですが、 「キノの旅」ではかなり鋭い細部なところまで作り込まれて手腕を垣間見れる 実力派。 脚本は男女共に人気が高い話題作「アイドルマスターSideM」や 「ひなろじ from Luck&Logic」「オーバーロード」などの力作の シリーズ構成を手がけた菅原雪絵さん。 「ソードアート・オンライン」シリーズや「魔法科高校の劣等生」で 担当エピソードが多く、現在注目されている脚本家です。 短銃やスナイパーライフルなど銃全般を得意とする旅人のキノとしゃべるモドラドの エルメスが旅の中で出会う人間模様や各エピソードの舞台となる国の情勢などを緩やかに かつ鋭く風刺を効かせる描写が作品の特徴。 現実の世界でも遭遇する場面も多く、キノを始めメインキャラが選択した答えが 主観的・客観的に見て残酷な結末になる場合があり、視聴後に考えらせられる事が 多々あります。 第1話の「人を殺すことができる国」では合法で殺人が出来る、と旅の途中で旅人から 噂を聞いたキノが訪れるも、街は賑やかで噂と真逆な平和な国だが 防衛手段として人を殺そうとした者を街の人が総動員して阻止する背景は 自衛として・治安維持としての武器の在り方を見せつけられる部分もあり 武器が抑止力になっているのも現代社会にも通ずる話です。 第2話「コロシアム」でキノと決闘することになり、自国の状況を打開すべく 機会を待ち続けた元皇子のシズに相棒の陸、第4話で漂流する船の名前を付けられた無口の少女・ティなど 旅先で出会うキャラクターお互いがターニングポイントになっていて、美しくもあり、時としては 真逆な結末になってしまう事もある。 第5話の「嘘つき達の国」では「コードギアス 反逆のルルーシュ」でも事例があったように 時と場合により嘘をつく事で相手を傷付けずに配慮する必要もある、という事を教えてくれます。 嘘を付く事自体が自身の信用問題に関わる問題なのでタブーなのだが、 優しい嘘の温かさはメンタルも回復する事もあります。 人生には達成されるよりも後悔を重ねる事が多いだけに、生きる事のもどかしさや 他人との距離の取り方もキノの旅から感じ取れます。 出会いと別れは通過儀礼で決して逃れることは出来ない。 例え一期一会であっても、気持ちいい出会いと印象をもらえたら嬉しいですよね。
ラベル:Lerche キノの旅
posted by ケン・サスガ at 22:42 | Comment(0) | アニメ感想(2017年秋アニメ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: