2019年07月28日

第245回「通常攻撃が全体攻撃で二回攻撃のお母さんは好きですか?」

夏アニメもそろそろ第4話が出揃っている時期ですが、
まだあまり観れていません^^;
最終的に4〜5作品になりそうな予感ですが、可能なかぎりはお伝えしたいなぁ、と。

というわけで、夏アニメ2作目のレビューは
「通常攻撃が全体攻撃で二回攻撃のお母さんは好きですか?」をお送りします。


※記事の閲覧所用時間は約3分半となります


井中だちま先生原作のライトノベルで発刊直後から話題になり、KADOKAWAのCMでもちょくちょく出ていただけに個人的にアニメ化をすごく期待していた作品のひとつです。

今回のアニメ化では「ぼくたちは勉強ができない」の岩崎良明監督が指揮を取り、
「フレームアームズ・ガール」の赤尾でこ(三重野瞳)さんがシリーズ構成・脚本を担当、制作会社は「とある魔術の禁書目録」シリーズのJ.C.STAFFとワイワイとしながら楽しめそうな陣形なのが好感が持てます。
続きを読む
posted by ケン・サスガ at 22:45 | Comment(0) | 2019年夏アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月16日

第244回 「グランベルム プリンセプスのふたり」アイデンティティの先にみえるものは

夏アニメがスタートして、大方の作品が第2話が放送されましたね。
夏アニメ第1号のレビューは「グランベルム プリンセプスのふたり」をお送りします。

本放送の半年以上前から発表されたオリジナルロボットアニメですが、
メカのシルエットがSDガンダムタイプのディフォルメスタイルと
「魔神英雄伝ワタル」や「魔道王グランゾート」「覇王大系リューナイト」を
視聴していた世代にとっては非常に胸熱なシルエット!
これだけでも期待が高まる作品だと感じていました。

監督は「Re:ゼロから始める異世界生活」の渡邉政治監督。
京都アニメーション出身のクリエイターで「拙者 五郎」名義で
活動が多く発表されています。

キャラクターデザイン原案は同じく「Re:ゼロから始める異世界生活」の
大塚真一郎さんとビッグなイラストレーターを採用。

ディフォルメロボットであるアルマノクスのデザインは
「機動戦士ガンダムSEED DESTINY」や「機動戦士ガンダム00」など
サンライズ作品などで参加され、「魔法科高校の劣等生」では
原作・アニメ共にメカデザインを担当されたジミー・ストーンさん。
SDガンダム世代ということもあり、アルマノクスのフォルムが
完全に投影している点が本当にジミー・ストーンさんの力量を感じ取れます。

脚本・シリーズ構成は花田十輝さん。
製作時期から考察して「劇場版ラブライブ! サンシャイン!!」や
「ひとりぼっちの〇〇生活」と掛け持ちされていたと考えられるなど
花田さんの執筆スピードの速さを改めて感じますね…!

近年、オリジナルのロボットアニメ自体が企画が通りにくくなっている
現状の中で、企画を通されたスタッフの大きな熱量と挑戦は
本当に評価に値する出来事です。
(この制作事情を分かってくれる方はホントにアニメ好きかもしれません)

ディフォルメロボットアニメ作品の大手であるサンライズでは
「魔神英雄伝ワタル」30周年やガンダム40周年プロジェクトの
「SDガンダムワールド 三国創傑伝」などSDサイズのロボットアニメを
盛り上げようとアクションを起こしていますが、企画時期的にもほぼ同時期で
流れに乗れば、かなり大きなジャンルになっていきそうです。
続きを読む
posted by ケン・サスガ at 23:42 | Comment(0) | 2019年夏アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする