2019年01月19日

第237回 「ドメスティックな彼女」 直球と変化球と見事に使い分けるジェットコースター型ラブコメ

冬アニメ第2回目は「ドメスティックな彼女」をお送りします。
週刊少年マガジン原作の(ある意味で)問題作でもあり人気作である本作は
三角関係から派生した複雑な女性関係を描いた学園ラブストーリー(ラブコメ要素含む)


週刊少年マガジンにて連載中の流石 景(さすが けい)先生原作の
少年マンガで、サイン会限定グッズや時々発売される通販限定グッズが
瞬殺されるほどの人気作で、いつアニメ化されるのか楽しみにしていましたが
ようやく今期である2019年冬アニメにて実現となりました。
シリーズ構成は「刀使ノ巫女」の脚本とシリーズ構成でもあり原作にも
関わった橋龍也さん。
ゲーム会社時代の持ち味である人間同士の味のある絡みや
今後展開していくだろう葛藤劇を描ききれる実力をお持ちの方なゆえに
ますますドメカノの世界観を徹底的に描いていくと予想されます。

また、アニメイトタイムズ公式Twitterにてライトノベル作家の
渡航さんとシナリオライターの王雀孫さんとの対談記事にて
このお二方が参加されている、と紹介されていて
地上波における規制や原作再現の葛藤をストーリーの支障が無い
程度に記事に書かれております。
こちらの方も是非ご覧いただけると幸いです



キャラクターデザインはディオメディア所属のアニメーター・井出直美さん。
「悪魔のリドル」や「艦隊これくしょん 艦これ」、
「アクションヒロインチアフルーツ」などバラバラな世界観での
デザインを見事に描くディオメディアでは欠かせないスタッフの一人。

監督は「ガーリッシュナンバー」で監督を務めた井畑翔太監督。
原画出身のアニメーターで「魔法少女リリカルなのは」シリーズや
「劇場版TIGER & BUNNY」、ディオメディア制作では「アホガール」や
「BEATLESS」などに参加され、近年ではディオメディアを中心に
活動されているみたいです。

続きを読む
posted by ケン・サスガ at 20:49| Comment(0) | アニメ感想(2019年冬アニメ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月10日

第236回 「W'z《ウィズ》」ハンドシェイカーの世界、再び

新年初のアニメブログの記事となります。

今年もみなさんにアニメの楽しさといい意味でディープな話題を
お届け出来たら、と思っています。
どうぞ今年もよろしくお願い致します。


新年初めのアニメブログは「W’z《ウィズ》」から。

「K」シリーズのGoHands制作最新作で、「ハンドシェイカー」の続編と
本編中に明かされるなどTwitterのトレンドに一時期は1位に上がったほど
話題が集中している本作。


TL上でチラリと見てはいたのですが、実際BS11での放送を観た時は改めてビックリ!
ナレーションと共に登場する前作の主人公ペアであるタヅナとコヨリ、
対となるナガオカとマユミもアバンで登場したり
Aパートではかつてタヅナと戦ったカード使いのマサルがユキヤと接触するシーンなど
「ハンドシェイカー」を視聴された方は「おおおっ!!」と唸るツイートを
度々見かけましたね(私もテンション上がりましたものw)

監督は「ハンドシェイカー」と同じく鈴木信吾・金澤洪充両監督で、
スタッフがそのままスライドして参加しています。
(こちらの作品もアニメイト30周年記念プロジェクトの一環かも?)


続きを読む
posted by ケン・サスガ at 22:10| Comment(0) | アニメ感想(2019年冬アニメ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月26日

第235回 2019年冬アニメ オススメ&ピックアップ作品

気が付いたらクリスマスが過ぎてしまい、そろそろ仕事納め。
秋も転職関連で動いていましたが、短期を繋ぐ事で何とか年度末までは持ちそうです。
仕事もあって生活の為のリアルコストも確保出来てホッとしています^^;
来期の情報がほぼ情報が集まり、放送時間が次々と出揃いましたので
情報を整理しながら個人的オススメ作品をランク付けしてみました。

◯超本命枠
・賭ケグルイxx
・ドメスティックな彼女
・revisions

◯本命枠
・みにとじ
・五等分の花嫁
・盾の勇者の成り上がり

◯中堅対抗枠
・BanGDream! 2nd season
・ぱすてるメモリーズ
・私に天使が舞い降りた!
・W’z《ウィズ》

◯様子見
・ケムリクサ
・ぱすてるメモリーズ
・かぐや様は告らせたい〜天才たちの恋愛頭脳戦〜
・けものフレンズ2

◯前期からの続投
・ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風
・機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン
・機動戦士ガンダムUC RE:0096
・ソードアート・オンライン アリシゼーション


来期はライトノベル枠がやや少なくなり、代わりに少年・青年誌連載マンガ原作の
作品が増えてきた印象がありますね。
Netflixでの先行放送の谷口悟朗監督作品の「revisions」やANIMAXをキー局である
「聖闘士星矢 セインティア翔」などオンラインでの先行放送をウリにした
作品も増え始めています。
それでは独自の冬アニメピックアップ作品に移ります。
続きを読む
posted by ケン・サスガ at 21:27| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月27日

第234回 「INGRESS THE ANIMATION」視点を変えざるを得ない、違う世界の中で

就活中に体調を崩して風邪と喘息が同時に出てしまい、
6日目にして何とか復活したところです^^;

そんな中ですが、来月一日から短期のお仕事が決まったので
とりあえずホッとしています。

まだまだ就活は続きますが、大好きなアニメを観て活力を蓄えたいですね…!

というわけで、予定より1週遅れましたが、秋アニメレビュー第4弾は
「INGRESS THE ANIMATION」をお送りいたします。


「Google Earth」を手がけたGoogleの子会社・ナイアンテックが開発した
位置情報を用いたグローバル陣取りゲームのアニメ化で、
「ポケモンGO」の前身となったゲームです。

フジテレビの新設深夜アニメ枠「+Ultra」で10/17から放送され、
放送直後にNetflixにて全世界に配信、日本では特別先行で全11話が一挙配信。
キー局のフジテレビでは第2話まで放送、BSフジでは第1話がようやく始まりました。
続きを読む
posted by ケン・サスガ at 23:20| Comment(0) | アニメ感想(2018年秋アニメ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月17日

第233回 「色づく世界の明日から」 長崎でめぐる過去と魔法と失われた青春

早くも秋アニメが全部揃う10月中旬になりましたね。

秋アニメレビュー第3号は「色づく世界の明日から」をお送りします。

魔法一家で生まれ育つも魔法が嫌いで使えず、更に色覚障害で
見えるものが全てグレースケールになってしまう
月白 瞳美(つきしろ ひとみ)の物語。

当ブログでもよく紹介する制作会社・P.A.WORKSが放つオリジナルアニメで、
MBS系列の深夜アニメ枠では「Angel Beats!」以来7年ぶり、
アニメイズム枠では初のP.A.WORKS作品です。

監督である篠原俊哉監督は「凪のあすから」で絶大な支持を得て、
本作も美術背景の鮮明さと再現度を実現し、ノスタルジックな
風景をいくつも魅せてくれまして、本当に心癒されます…!

シリーズ構成・脚本の柿原優子さんが描く瞳美の繊細な性格や
取り巻く環境は、「月がきれい」で魅せたとてもピュアで
繊細かつキラキラとした移りゆく季節を見事に描き切りました。
「はたらく細胞」「あそびあそばせ」とヒット作を見せた前期の
勢いと並行しても十分に信頼出来るクリエイターです。

キャラ原案のフライさんの透明感溢れるモデリングを見事に再現してるのは
キャラクターデザインは秋山有希さん。
P.A.WORKS所属のアニメーターで、「花咲くいろは」から原画へ入り
本作で初のキャラクターデザインに。
P.A.WORKSのほぼ全ての作品に参加し、支えている注目株です。
前クール作品「天狼 Sirius the Jaeger」同様、若手育成に力を入れている
P.A.WORKSの意気込みと挑戦が伝わりますね。

続きを読む
posted by ケン・サスガ at 17:13| Comment(0) | アニメ感想(2018年秋アニメ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする