2018年08月28日

第228回 プレイバック「TARI TARI」 江ノ島の夏を歌ったり笑ったりの青春合唱劇

ID:rhg92k

前回の記事から2週間ほど遅れてしまいましたが
「舞台の季節が夏」である作品特集第4弾は「TARI TARI」を紹介いたします。


TARITARI Blu-ray1巻02.jpg



※写真は所持しているBlu-ray1巻のジャケット


※シリーズ紹介記事

シリーズ第1弾


シリーズ第2弾



2012年7月から9月までtvk、KBS京都、TOKYO MXなど一部の地上波や
アニマックスなどで放送された青春合唱劇。
舞台を地方にこだわっているP.A.WORKS制作で、初夏の江ノ島および
鎌倉市が舞台になっており、珍しく関東が舞台なのも制作の幅の広さを垣間見れます。
江ノ電も登場したりと鉄道がお好きな方も楽しめるかと思います。

監督とシリーズ構成は「ソウルイーターノット!」
「ハルチカ 〜ハルタとチカは青春する〜」の橋本昌和監督。
劇場版クレヨンしんちゃん」シリーズも数作手がけており、
作風の幅が広い監督さんです。
また、脚本もほぼ全話手がけており、作品に対する投影度が高いのも
見逃せない点です。

キャラクターデザインは「true tears」「花咲くいろは」「SHIROBAKO」
「サクラクエスト」とP.A.WORKS作品でおなじみの関口可奈味さん。


続きを読む
posted by ケン・サスガ at 22:41| Comment(0) | アニメプレイバック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月13日

第227回 プレイバック「あの夏で待ってる」 5人の少年少女の、長野県のひと夏を駆ける物語

「舞台の季節が夏」である作品特集第3弾は「あの夏で待ってる」を紹介いたします。



※写真は所持しているBlu-ray1巻のジャケット


2012年1月からテレビ愛知など一部の独立局の地上波とAT-X、TOKYO MX、
BS11などで放送され、「おねがい☆ティーチャー」「おねがい☆ツインズ」など
「おねがい」シリーズでコンビを組んだスタジオ・オルフェ所属の黒田洋介さんと
羽音たらくさんが参加。
版権上の絡みか(「おねがい」シリーズを手掛けた制作チーム「Please!」が
既に解散した為だと思われる)「おねがい」シリーズの正当なシリーズでは
出せないなどの制約はあるものの、インスパイアするかたちでそれに準ずる設定を
制作会社を移したかたちで実現させました。


※参考記事

第225回 プレイバック「おねがい☆ティーチャー」ぜひ夏に観たい聖地巡礼を定着化させたターニングポイントアニメ


第226回 プレイバック「おねがい☆ツインズ」長野県の夏を駆けめぐる、家族の肖像



監督は「アイドルマスター XENOGLOOSIA」「とある科学の超電磁砲」
「あの日見た花の名前は僕達はまだ知らない。」
「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」の長井龍雪(ながい たつゆき)監督。

脚本は「おねがい」シリーズや「機動戦士ガンダム00」
「ガンダムビルドファイターズ」など数多くのタイトルのシリーズ構成と脚本を手がけた
スーパークリエイターの黒田洋介さん。

キャラクターデザイン原案は「おねがい」シリーズ」の羽音(うおん)たらくさん。
黒田洋介さんとのコンビは「おねがい☆ツインズ」以来になります。

キャラクターデザインは「とらドラ!」「あの日見た花の名前は僕達はまだ知らない。」
「心が叫びたがってるんだ。」「君の名は。」の田中将賀(たなか まさよし)さん。
「あの花」「君の名は。」のヒットで大きく注目されているアニメーターで、
脚本家の岡田麿里さんや長井龍雪監督と組むことが多いですね。

制作は「スレイヤーズ」「灼眼のシャナ」「とある科学の超電磁砲」
「探偵オペラ ミルキィホームズ」など数多くの名作を生み出した
タツノコプロ系のJ.C.STAFF。


続きを読む
posted by ケン・サスガ at 22:36| Comment(0) | アニメプレイバック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月08日

第226回 プレイバック「おねがい☆ツインズ」長野県の夏を駆けめぐる、家族の肖像

前回に引き続き、「舞台の季節が夏のアニメ」の特集第2回は
「おねがい☆ツインズ」を紹介致します。
「おねがい☆ティーチャー」の続編として2003年にWOWOWのノンスクランブル枠で
全12話放送されたアニメで、スタッフ・制作会社も「おねがい☆ティーチャー」と
同体制。
前作同様WOWOWアニメの代表作の一つになり、「聖地巡礼」ブームに
拍車をかけたコンテンツです。

※参考記事

第225回 プレイバック「おねがい☆ティーチャー」ぜひ夏に観たい聖地巡礼を定着化させたターニングポイントアニメ



おねツイDVD01.jpg


※写真は所持しているDVD1巻のジャケット



物語は前作同様、長野県大町市が舞台。

木崎湖のUFO騒動のニュースを観てハッと驚いた主人公の
神城麻郁(かみしろ まいく)
そのVTRには幼少の麻郁と瞳の色が同じ幼い子供2人は撮影されていた
写真に映っていた家がそのまま現存していた。
後に写真に写っていた長野県の家を借りて在宅プログラマーとして学業と兼務し
暮らしていた中、同じくそのニュースを観たヒロインの宮藤深衣奈(みやふじ みいな)
小野寺樺恋(おのでら かれん)が麻郁と同じ写真を持って血縁であると訪ねて来る。
瞳の色が同じ以外ハッキリとした確証が無く、麻郁性格上追い返すわけにもいかず、
結局共同生活をすることになっていくが…


続きを読む
posted by ケン・サスガ at 18:11| Comment(0) | アニメプレイバック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月04日

第225回 プレイバック「おねがい☆ティーチャー」ぜひ夏に観たい聖地巡礼を定着化させたターニングポイントアニメ

8月も序盤に入り、ますます最高気温が更新されていく中
みなさんお身体は大丈夫でしょうか?
40℃を超える気温になった地域も多く、こまめな休憩と水分補給をされて下さいね。

というわけで、夏アニメの紹介がひと通り終わったので、
今回から数回に分けて「舞台の季節が夏」の作品をプレイバックいきます。
特集第1回は「おねがい☆ティーチャー」から。


※写真は所持しているDVD-BOXのジャケット

2002年にWOWOWのノンスクランブル枠で放送されたアニメで、
歴代WOWOWアニメの中でも極めてヒットした作品で、本作をリスペクトした
2012年放送の「あの夏で待ってる」を誕生させているなど、影響を受けた作品も多い作品です。

監督は「劇場版サイレントメビウス2」「D4プリンセス」「花右京メイド隊」の
井出安軌(いで やすのり)監督。
続編となる「おねがい☆ツインズ」も井出監督をはじめ同スタッフが参加し、
DVD-BOXでの映像特典では「井出監督が行く!おねがいシリーズ舞台探訪記」で
井出監督が出演している貴重な映像が観ることが出来ます。

脚本は「スクライド」「無限のリヴァイアス」「機動戦士ガンダム00」
「ガンダムビルドファイターズ」など数多くの作品を一人で全話手がける
スーパー脚本家の黒田洋介さん。
メイン脚本でクレジットされてから比較的初期の作品で、
得意ジャンルというのもあるおかげか、完成度の高い脚本もこの時点で
すでに完成され、かつ意識すると書けないと言われる
自然な会話を見事に描写しています。

キャラクターデザインは「アマガミSS」シリーズ、「恋と選挙とチョコレート」の
ベテランアニメーター・合田浩章(ごうだ ひろあき)さん。
監督としてはOVAからスタートした「ああっ女神さまっ」シリーズで
ご存知の方も多いかと思います。
合田さんのキャラデザインは淡い色彩設計の中でハッキリとさせたシルエットと
口元の表情が特徴的で、柔らかくかつ芯が強いキャラも描ける幅の広さは
本当に心強いアニメーターさんです。

制作は「D4プリンセス」「花右京メイド隊」「苺ましまろ」
「みなみけ(1期)」の童夢。
近年は元請け制作よりも各話制作協力としてクレジットされる機会が多く、
「ローリングガールズ」「ごちそうはうさぎですか??」でクレジットされています。


続きを読む
posted by ケン・サスガ at 23:02| Comment(0) | アニメプレイバック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月29日

第224回 「アンゴルモア 元寇合戦記」企画勝ちしたニッチな設定と迫力に格がある戦記アニメ

7月もそろそろ終わり、第4話が放映されたアニメも多数出てきましたね。
今回は「アンゴルモア 元寇合戦記」を紹介します。

たかぎ七彦先生原作、KADOKAWAの「コミックウォーカー」で連載中の
鎌倉時代中盤を舞台にした時代劇漫画。
「鎌倉時代」に加え「元寇(本作では文永の役)」をメインに扱った
ニッチな作品であり、私個人も鎌倉時代は好きなジャンルなので願ったり叶ったりです。

監督は演出家出身の栗山貴行さんが初監督を務め、
サポート役となる助監督には演出家でジーベック作品に所縁のある羽原久美子さん。
(ちなみにジーベック代表取締役の羽原信義さんの奥さんです)

シリーズ構成・脚本は「食戟のソーマ」シリーズ、「落第騎士の英雄譚」
「三ツ星カラーズ」のヤスカワショウゴさん。
脚本に参加した「緋弾のアリア」や「ジョジョの奇妙な冒険」シリーズなど
アクション作品を得意とし、「アンゴルモア元寇合戦記」でも
途切れない会話を積み重なりながら自然に雪だるま式にストーリーが展開していき、
ヤスカワさんの手腕を観ることが出来ます。

舞台となる対馬の建物や生活などの小道具や軍の武装などを世界観で統一する
プロップデザインに「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」シリーズや
「俺、ツインテールになります。」の神戸洋之監督と
作画監督としてのキャリアが長いベテランの滝川和男さん。

制作は「ハマトラ(1期)」「ひなこのーと」「はじめてのギャル」の
NAZ(アニマ・アンド・カンパニー)。
2013年に設立したサンライズ系の制作会社で、元請け作品がまだまだ少ないものの
評判がいい作品ばかりで本作の完成度も折り紙付きです。


続きを読む
posted by ケン・サスガ at 22:40| Comment(0) | アニメ感想(2018年夏アニメ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする