2018年05月01日

第216回 「魔法少女サイト」救いの無い世界で繰り広げがる少女たちのもがく姿

春アニメ3作品目は、今期の中で多視点で尖っている魔法少女サイト」。
口コミで徐々に評判が広がっているので、既にご覧になっている方も
多いかと思います。
「少年チャンピオン」で連載中の本作は、「魔法少女まどか☆マギカ」が
次世代魔法少女のスタンダードを設立して以降、数ある魔法少女作品が
生まれた中で「まどマギ」とはまた違うダークファンタジーに仕上がっています。

幸福の皮を被った不幸の元で育った中学生の少女・朝霧彩が主人公。
家庭内では優等生で父の期待を一身に背負わされた兄の要の虐待、
学校ではいじめっ子の雫芽(しずくめ)さりなを中心としたグループが
彩を徹底的に追い詰める。

第1話から自殺寸前にまで追い込まれてしまう過程は、決して他人事では見えず
ダイレクトに感情移入してしまうせいか、そこで視聴を切ってしまう方が続出し
(私も視聴を切ろうとした一人です)Twitterをはじめ様々なところで賛否両論が
繰り広がりました。
制作は劇場版「ご注文はうさぎですか??〜Dear My Sister〜」のproduction dóA。
「魔法少女サイト」で現段階では2作目の作品となり、下請けも含めた情報も
少ないあたりまだ設立・活動が間もない制作会社だと推測。

監督はガイナックス出身の演出家である松林唯人さん。
「フリクリ」「まほろまてぃっく」、「PERSONA -trinity soul-」
「凪のあすから」、PS3版「ストリートファイターIV」、「Fate/Apocrypha」など
アニメ・ゲーム問わず数多く参加され、今回の「魔法少女サイト」で初監督となります。

シリーズ構成は「輪るピングドラム」や「ユリ熊嵐」「探偵オペラ ミルキィホームズ」
シリーズの伊神貴世さん。
幾原邦彦監督を2作品でメインで手がけ、ドタバタでメタなギャグや
「輪るピングドラム」の中盤以降でみられた家族の肖像を突き詰めたシリアスも
出来るオールラウンダーの脚本家で今作の世界観にふさわしい脚本家だと
感じています。

続きを読む
posted by ケン・サスガ at 17:05| Comment(0) | アニメ感想(2018年春アニメ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月22日

第215回 「異世界居酒屋〜古都アイテーリアの居酒屋のぶ〜」 伝統芸を守りつつ視覚で楽しむ新感覚飯テロアニメ

春アニメがスタートして3週間。

オンライン配信サイトで配信されているアニメが極めて多くなって
BSの視聴環境と兼ねるとほぼカバー出来る今期は全国的に視聴環境は
かなり恵まれてるようになったかなぁ、と思います。

春アニメレビュー第2号は個人的にプッシュしている
「異世界居酒屋 〜古都アイテーリアの居酒屋のぶ〜」。
バンダイャンネルをキーとしたオンライン配信限定のアニメで
居酒屋をベースとした珍しいグルメアニメ。

お酒をベースとしたアニメは「バーテンダー」や「ワカコ酒」
「お酒は夫婦になってから」、前クールでは「たくのみ。」と少しずつ
増えていき、これから需要が増えるジャンルになるのは間違いなさそう。

蝉川夏哉先生原作の人気ライトノベルで、「ミスター味っ子」でグルメアニメという
ジャンルを決定づけたサンライズが制作にあたり、メインスポンサーには
「ぐるなび」が参加しています。
アニメ化にあたって「ミスター味っ子」が参考資料として使われ、
サンライズがアニメを「商品」ではなく「作品」として大事に扱って制作された
大きな財産が生かされました。

監督は「遊戯王5D’s」や「戦姫絶唱シンフォギア」シリーズを手がけた小野勝巳監督。
エネルギーがある若手監督で、絵コンテ・演出を手がけたアニメのエピソードは
完成度も高く、作品のクオリティを向上するアクセントとして貢献されています。
続きを読む
ラベル:異世界居酒屋
posted by ケン・サスガ at 22:27| Comment(0) | アニメ感想(2018年春アニメ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月08日

第234回 「ウマ娘 プリティーダービー」Cygames × P.A.WORKSのタッグが展開する贅沢なメディアミックス

春アニメが本格的に始まる4月第2週になりました。

早いところでは3月末にNetflix独占オンライン配信でスタートした
「重神機パンドーラ」がありますが、徐々に春アニメがスタートしていきました。

そんな中で既に4月第2週に第3話が放送される「ウマ娘 プリティーダービー」は

前回の記事で紹介したとおり、春アニメ大本命な作品です。

もはや説明不要のゲーム会社「Cygames」が展開するソーシャルゲーム
(現在事前登録受付中)を中心としたメディアミックスで、
「グランブルーファンタジー」「アイドルマスター シンデレラガールズ」に
続いて自社開発ゲームのアニメ化になります。

制作は「true tears」「花咲くいろは」のヒットで注目され、
「凪のあすから」「SHIROBAKO」「クロムクロ」など魅力的なオリジナル作品を
輩出しているP.A.WORKS。
動画、作画共に高いクオリティを2クールを通して維持出来る体力があり、
クオリティの高さは十分に期待出来る保証がありますね。

監督は「アウトブレイク・カンパニー」「やはり俺の青春ラブコメは
まちがっている。続」「この美術部には問題がある!」の及川啓監督。
「俺ガイル」は未見ですが、他2作ではヒロインの表情とちょっとムキにな
るセリフ回しとかが好きでスペシャルウィークがトレーナーを蹴っ飛ばすシーンや
ふとももを触られるシーンあたりがそのあたりを垣間見えますね。
今期はfeel.制作の「ヒナまつり」も監督されて、こちらもチェックしたいところ。

キャラクターデザインは椛島洋介さん。
大張正己監督の弟子とも言われ、サンライズでは若手ながら
「ガンダムSEED Destiny」で多方面で注目され、「舞-乙HiME」では
「ガンダムSEED Destiny」の反省点を活かすべく奮闘したり
「アイドルマスターXENOGLLOSIA」や「アクセル・ワールド」など
サンライズ第8スタジオと深く関わりがあるアニメーター。
現在は「戦姫絶唱シンフォギア」シリーズに関わった縁か、
サテライトを軸に活動をされています。

続きを読む
posted by ケン・サスガ at 23:01| Comment(0) | アニメ感想(2018年春アニメ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月01日

第213回 近況報告と2018年春アニメ 視聴予定作品とピックアップ作品

冬アニメが後半になりかけた頃から職場が変わったり残業続きだったりと
また正社員の頃の時間ペースになりつつあります。
少ない稼ぎで「たくのみ。」のBlu-ray上巻だけは購入出来たのが
数少ないアニメ関連の活動です^  ^;


また、上映が終了直前に「劇場版コードギアス反逆のルルーシュII(第2章)」や
劇場版ガンダム00」の4DX2D版を観に行けたりと観たい劇場アニメは
観れたのは幸いでした。

近況はこのあたりにして、もうすでに「重神機パンドーラ」が
Netflixで先行配信されていますが、本日から本格的にスタートする
春アニメの視聴予定作品と私的なピックアップをしていきます。

続きを読む
posted by ケン・サスガ at 20:34| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月04日

第212回 「刀使ノ巫女」突如始まる逃避行とレジスタンスの刀アクションアニメ

2018年冬アニメ第2作品目は「刀使ノ巫女」。
「咲 -Saki-(阿知賀編以降)」「きんいろモザイク」や「結城友奈は勇者である」の
元請けを行ったGONZO系の制作会社・Studio 五組制作のオリジナル作品。
コミカライズの他に春からスクウェア・エニックスから配信されるソーシャルゲームとの
メディアミックスが展開されています。

各地に出現する妖怪の類である荒魂(あらだま)に対抗出来る
特別祭祀機動隊・刀使「とじ」として折神家主催の剣術大会へ参加した
衛藤可奈美と柳瀬舞衣。
可奈美が準決勝での対戦した十条姫和(じゅうじょうひより)の行動により、
大きくストーリーが’動き、逃避行劇がはじまっていく…

女子高生と刀の組み合わせで「閃乱カグラ」のテイストを感じる方も
多いかと思いますが、どちらかと言えば「舞-HiME」の立ち位置が近いと感じました。
現段階の舞台である折神家が荒魂のもとになるノロを管理し、荒魂はノロの集合体。
ここで「おおっ、舞-HiMEじゃん!」と思って歓喜した人がここにいますw

第2話で「御刀が刀使を選ぶ」という説明が初めて出てきて、
選ばれた刀使を「適合者」と呼ぶ事もわかって、第1話でも登場したSシステムという
オプションアーマーは「戦姫絶唱シンフォギア」を彷彿して、「舞-HiME」と
「シンフォギア」の融合テイストにも感じます。
続きを読む
posted by ケン・サスガ at 17:51| Comment(0) | アニメ感想(2018年冬アニメ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする